第二の心臓

足や足裏は「第二の心臓」といわれることがあります。

 

かかとの部分は正座やあぐらで座っている

 

ことが多い人、靴の負担が多い人に荒れることが目立ちます。

 

肌が角質化してしまい、最終的に向けてくるようなことがあります。

 

足は血流の重要な位置を占めており、この部分に負荷がかかると、全身の血液に影響するこ

 

とから、健康を損なう危険まであります。

 

そのため、東洋医学では足裏マッサージや足つぼ、ハリなどの治療法が古くから用いられて

 

きました。

 
このような治療によって、かかとの負担が軽減されることも珍しい事ではありません。

 

放置しておくと、症状が悪化してしまい、大きな肌荒れの原因や、最終的に治療効果を得ら

 

れないことになってしまいます。症状に関しては、出来る限り早期に治療を行うことによって、

 

大幅に症状を改善することができます。特に身体の各種部分に負荷がかかっている人は、

 

早期に治療をすることをお勧めいたします。第二の心臓として、かかとに関しては、とくに痛み

 

やむくみ、血流が滞留するようになると大変危険です。症状は軽視することなく、確実に治療

 

を出来るように、毎日の生活の中で意識して出来る限り改善できるようにしておくことがお勧め

 

です。